高槻市のPM2.5情報


PM2.5とは?

大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm以下の粒子のことをいいます。

PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、呼吸器の奥深くまで入り込みやすく、呼吸器疾患、循環器疾患などの影響が懸念されます。

発生源としては、物の燃焼などによるもの、自動車、船舶、航空機等の人為起源のもの、土壌、海洋、火山等の自然起源のものがあります。

PM2.5の環境基準

1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

※「1年平均値」は、日平均値の年平均の値。

※「1日平均値」は、年間の日平均値のうち、低いほうから98%目に相当する値。

※環境基準とは、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として定められているものであり、基準を一時的に超えることがあっても、直ちに健康に影響を与えるものではありません。

高槻市の測定状況

高槻市では、平成24年11月より、芝生町に設置している大気汚染監視局【高槻南局】でPM2.5の測定を実施しています。

高槻市の測定結果は、環境基準を下回る値となっております。

本日のPM2.5

  • 高槻市を含む大阪府域のデータ
  • そらまめ君(近畿の大気汚染状況)

大阪府 PM2.5高濃度予測時の情報メール登録

  1. 「配信地域」は「高槻市」を選択して下さい
  2. 配信条件は「お知らせ」を選択して下さい

タグ:, , , , , , , , , ,

ページトップへ