「ひきこもりを共に考える」交流学習会


現在、全国で163万6000人が不登校・ひきこもりの悩みを抱えているといわれています。

体験談のご紹介

M.Kさん(31歳)の場合

私はひきこもり歴が長すぎた為、社会人経験がほぼありません。
アルバイトの面接を何度か受けたこともありますが、「はい・いいえ」くらいの受け答えしかできませんでした。 その時のようすを思い出だすと、絶望的な気持ちになってしまいます。
それでも何とかしないといけないと思い、職を探しています。でも、募集要項や採用プロセスやらを読んでいるととても自分にはできそうにありません。
自信がない→落ち込む→行動に起こすことを諦めてしまう→現状変わらないまま
数年、そんな状況を繰り返していましたが、思い切って第三者に相談することにしました。自分が考えていることを少しづつ喋れるようになり、面接の練習や一般的なマナーを訓練させてくれる場所はないかなど相談しました。そして、今、第一歩を踏み出すことが出来たような気がします。

ひきこもりの原因や、状態、程度、またそれに付随する問題も様々でしょう。
「ひきこもり」「ニート」「発達障害」「不登校」「中学・高校中退」「家庭内暴力」・・・
第三者の助けが必要な場合があります。
ここでは、高槻市の、不登校とひきこもりの問題を共に考える交流会を紹介したいと思います。

「ひきこもりを共に考える」交流学習会

日時

  • 2013年4月20日(土曜日)
  • 2013年5月18日(土曜日)
  • 2013年6月15日(土曜日)
  • 毎月第3土曜日 午後2時~5時
  • 1回のみの参加も可。

場所

対象

  1. ひきこもりの青年(15歳以上)
  2. その家族
  3. 関心のある人

定員

20人(申込順)

内容

ひきこもり問題で悩んでおられる当事者の方やそのご家族のために、NPO法人ニュースタート事務局関西のスタッフが解決方法のアドバイスや具体的な対応の仕方などの相談に応じます。家族だけで解決しようとすることは逆に悪循環に陥ります。共に考え話し合うことで、ひきこもり問題解決のきっかけをつかみましょう。

費用

500円(資料代として)
ただし、当事者とその家族は無料。

申込

2013年3月26日(火曜日)から、電話・窓口にて受付。
参加者氏名、電話番号、当事者の年齢、続柄をお知らせください。
受付時間は午前9時~午後9時です。

問い合わせ先

高槻市 教育委員会 教育管理部 地域教育青少年課 青少年センター
住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻・高槻市立総合市民交流センター6階)
電話番号:072-685-3724

「不登校を共に考える」学習交流会

日時

  • 2013年4月27日(土曜日)
  • 2013年4月28日(土曜日)
  • 2013年4月29日(土曜日)
  • 毎月第4土曜日 午後2時~4時
  • 1回のみの参加も可

場所

総合市民交流センター(クロスパル高槻)
大きな地図で見る
3階 第3会議室

対象

  • 不登校児童・生徒の保護者
  • 関心のある人

定員

20人(申込順)

内容

不登校問題について、共に話し合ったり、考えたり、情報交換をする交流学習会。

費用

無料

申込

2013年3月26日(火曜日)から、電話・窓口にて受付。
参加者氏名、電話番号をお知らせください。
受付時間は午前9時~午後9時です

主催

高槻市教育委員会

問い合わせ先

高槻市 教育委員会 教育管理部 地域教育青少年課 青少年センター

  • 住所:高槻市紺屋町1-2(クロスパル高槻・高槻市立総合市民交流センター6階)
  • 電話番号:072-685-3724

タグ:, , , , , , , , , ,

ページトップへ