高槻市の婦人科・産婦人科 ~産院の種類~


「もしかして妊娠?!」と思ったらいよいよ産院へ!産院にもいろいろ種類があるので、迷っていしまいますよね。しっかり情報をチェックして、自分に合った施設を見つけましょう!

産院の種類

総合病院

産婦人科以外にもほとんどの診療科が揃っている病院です。大学の医学部付属の大学病院もここに含まれます。
ベッド数が100床以上あり、医師が多く、設備が整っています。

○長所
:小児科や内科が併設されているので、合併症がある場合や、分娩時に緊急事態が起こった場合に、すみやかに適切な処置を受けることができます。

△短所
:医師が多いだけに、毎回同じ先生に診てもらうことが難しいことがあります。患者さんの人数も多いため、診察の際、待ち時間が長い一方で診察時間は短いということがあるようです。大学病院の場合、研修機関を兼ねているため、診察や分娩に学生や研修生が立ち会うケースも多くみられます。

産科・産婦人科専門の病院や医院

病院とはベッドが20床以上、医院は20床未満の医療機関です。診察科目を産科・婦人科に限定しています。医師の人数、設備は病院・医院によってさまざまですが、総合病院ほどではないところが多いようです。

○長所
:医師やスタッフの数が少ない分、同じ担当医に初診から産後まで診てもらえるケースが多いようです。顔見知りのスタッフが増えるため、ちょっとした心配事を相談しやすいというメリットもあります。

△短所
:合併症や分娩時の万一などリスクをともなう妊娠・出産の場合、産科以外の医療処置が必要となるため、提携している総合病院へ転院せざるを得ない場合があります。

助産院

助産師の資格を持つ人が、10床未満のベッド数で入院・分娩の施設を持って開業しているのが助産院です。昨今の自然分娩ブームのなか、助産院での出産も昔のように見直されています。

○長所
:家庭的な雰囲気のなか、精神的なアドバイスやフォローを受けられます。また、陣痛からずっと付き添ってみてもらって出産に臨めます。

△短所
:医師がいないため、一切の医療行為ができません。そのため、助産院で出産するためには、リスクのない妊娠・出産状態であることが条件となります。また、分娩時の万一があった場合の医療行為ができないため、総合病院などとの提携があるかを必ず事前に確認しておきたいですね。

タグ:, , , , , , , , , , , ,

ページトップへ