高槻市の妊婦検診


妊婦検診を受けましょう

ninpu_kensin

 

妊娠中に定期的に健診を受けることは、胎児の発育状態や母体の健康状態を知るうえで、とても大切です。

すこやかな妊娠と出産のために妊婦健康診査を必ず受けましょう。

受診券の交付を受けましょう

妊娠したらまず妊娠届けをして、受診券の交付を受けてください。

母子健康手帳交付時にもらえる母子健康手帳別冊に、妊婦健康診査受診券が14枚綴られています。

高槻市で母子手帳を交付してもらう」参照

妊婦健康診査を受診する際にこの別冊を医療機関に提示すると、額面金額までの公費助成が受けられます。

交付より先に受診された健診費用は還付されませんので、ご注意ください。

助成金額が増額、全国トップクラスの支給額に

平成25年4月1日受診分から助成金額が増額されました

(旧)助成額 総額6万9千円

  • 17,000円 …1枚
  • 4,000円…13枚

この金額は平成25年4月1日「以前」に受診された妊婦さんに支給されていた金額です。

(新)助成額  総額12万円

  • 23,000円 …1枚
  • 10,000円…2枚
  • 7,000円…11枚

平成25年4月1日「以降」に受診される妊婦さんに支給される金額です。
※既に交付済みの(平成25年4月1日「以前」に交付された)受診券でも、4月1日以降に受診される場合は新受診券と同額の助成を受けられます。

(新)助成額を受けるには特別な手続きは必要ありません。
平成25年4月1日以前に受け取った(旧)受診券を病院窓口で提示するだけで病院/産院側が()受診券の金額で処理してくれます。

交付より先に受診された健診費用は還付されませんので、ご注意ください。

総額12万円の「妊婦検診助成額」は全国でもトップクラス。
これでますます高槻は「子どもを産みやすい街」になりました。

参考

※受診券使用の際の注意事項

  • 公的医療保険の対象となる診療等については、公費助成の対象外となります。
  • 額面を上回る費用については、ご本人の負担となります。
  • 多胎妊娠についても公費助成は14回までとなります。
  • 1回の健診に1枚のみ使用することができます。
  • 大阪府内の委託医療機関でのみ使用することができます(医療機関にご確認ください)。
  • 他の市町村へ転出された場合、無効となります。
  • 他人に譲渡することはできません(不正な使用などが分かった場合には、返金などの対応をさせていただく場合があります)。
  • 転入されてきた方は、以前にお住まいの自治体発行の受診券は使えません。速やかに高槻市の受診券の交付を受けてください。交付前に受診された健診の費用は還付できません。

(高槻市Webサイトより)

タグ:, , , , , , , ,

ページトップへ