高槻ペディアについて


関西圏に引越しを予定されている、もしくはすでに高槻に住んでいる方々へこの街の魅力を少しでもお伝えしたいと思いサイトを作成しました。

住んで感じた高槻市

私が高槻に住み始めて2013年で丸8年が経ちました。
その間にも西武や松坂屋などの百貨店に加え、駅前の再開発で大きなショッピングセンター『アルプラザ』が建ち、『ドンキホーテ』や『ニトリ』や『ヤマダ電機』などの大型店舗も出来、駅直結のタワーマンションもニョキニョキ生えました。

何より大阪府下でも桜で有名な『摂津峡』や大阪府で唯一の医療用温泉である『美人の湯』などもあり、生活や遊びに充分な機能を備えた都市だということがわかりました。

交通の便がいい高槻市

何より京都駅、大阪駅にも新快速で15分、新幹線の乗車駅である新大阪にも10分です。
また、JR高槻駅から歩いて10分の阪急高槻駅との間には各種レストラン、居酒屋、BARなどいろいろな用途で使える飲食店がひしめいています。

バス網も発達しているのも特徴です。
交通の便でいうと、難点は高槻~枚方間に電車が走っていないことでしょうか(バスはあります)。

唯一不便であった高速道路への乗り口も、2016年に『高槻ジャンクション』が完成予定です。

子育てにも注力

ユニセフ・WHO(世界保健機構)が認定する「赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital)」BFH認定病院である『高槻病院』もあります。
BHF認定病院は関西全域でも8病院、大阪府下には3病院しかありません。
また『高槻市立子育て総合支援センター カンガルーの森』や『高槻子育て”あんしん”ネット WAIWAIカフェ』など、子育てにも注力しています。

関西への定住をお考えの方に

転勤や就学など、関西への引越しを考えておられる方と高槻に住んでいるけど街のことをよく知らない方へ有益な情報を少しでもお伝え出来ればと思いこのサイトを作成しました。

よろしくお願いいたします。

2013.4.19 管理人

ページトップへ